私自身ほっぺたの毛穴の開きが年齢とともに悪化しま

私自身、ほっぺたの毛穴の開きが年齢とともに悪化しました。
正面から自分の顔を見ると、毛穴の開きが目立つようになってしまったのです。
イチゴ毛穴を埋めたい、出来るだけ小さくなれと思い、毎日のスキンケア洗顔を行っています。
洗顔後に冷たい収斂化粧水を使用し、パッティングを行うようにしているのですが、ちょっとだけ引き締まってきたように思います。
後から後からできる、ニキビは潰して良いのでしょうか。
実は、潰しても良い状態のニキビと潰してはダメな状態のニキビがあります。
潰しても問題ないニキビの状態とは、炎症が落ち着いてきて、膿が白くなり盛り上がってきている状態のものです。
このようになった状態のニキビは、外へと膿が出ようとして芯が出来ている状態になりますから、専用の器具や針といったものを使えば、潰しても問題ないでしょう。
私の母親の肌はとてもニキビができやすくて、私も中学からニキビのことで悩まされ、二十歳を越えた現在でも、よくニキビができるので、顔面のお手入れは意識してやっています。
そして、三歳になる娘もお鼻あたりの毛穴に角質がつまり始めています。
残念なことに間違いなくニキビができやすい肌になりそうです。
遺伝とは怖いと思いました。
シワを作らないためにも、メイクをした日は欠かさずクレンジングすることをお勧めします。
クレンジングをしないと、お肌にダメージが残ってしまい、シワができる確率が高くなります。
後、洗顔する際は、洗顔でちゃんと泡を作って、できるだけ丁寧にく洗顔を行うようにしてください。
ゴシゴシ!という無理やりな洗顔や、肌荒れを起こしたりといったことが、シワのもととなってしまいます。
毛穴などが目立たないきれいな肌を保つには肌の水分を保つことがとても大切になります。
水分の足りない肌の方は化粧水や乳液などはきちんと保湿してくれるものを選んで肌の潤いを無くさないようにしてあげましょう。
きちんと顔を洗ったらすぐに化粧水で保湿して、それから乳液やクリームをつけて保湿しましょう。