実はニキビは10代までの若い子だけの

実はニキビは10代までの若い子だけの言葉で、20歳以上の大人はニキビではなく吹き出物といわなければならないなんてよく耳にします。
ちょっと前に、久しぶりに鼻のてっぺんに大きな吹き出物ができたので、主人に、「あ、ニキビだ」というと、笑いながら、「もうニキビじゃないでしょ?」と、からかわれました。
ニキビがおでこにたくさん出た時に、友達にも心配されてしまいそうな状態だったので、治療をしてもらうことにしました。
先生から、塗り薬を出しますので、塗ってためしてみて下さいと言われ、ステロイド系の薬を塗るようにと、処方してもらいました。
ステロイド系の塗り薬は効果覿面ですが、強い薬ですので、様子が良さそうでしたら塗る頻度を微量にしていかないとならないそうです。
個人個人で肌の性質は違います。
普通肌、乾燥肌、敏感肌など、多様な肌質がありますが、その中でも、敏感肌の方は、スキンケア商品ならなんでも適合するわけではありません。
万が一、敏感肌用ではないスキンケア商品を使用してしまうと、肌にわるい影響を与えてしまうこともあるので注意しましょう。
アンチエイジングはどのタイミングで始めればいいかというと出来るだけ、早くのうちから実践する事が重要です。
遅くとも30代には始めることをすすめます。
特に目の周辺の皮膚は薄いため、目元、周りを保湿するのは本当に必要なことです。
さらに、化粧品だけに凝るのではなく、普段からバランスの良い食事をとり、生活リズムをちゃんと整えてください。
私は乾燥肌ですので、スキンケアにオイルを使うことが多いです。
オイルでのマッサージをしたり、オイルパックを利用したり、さらに、クリームの代わりにオイルを使用することで、乾燥とは無縁の肌になりました。
いつも潤いのある肌になれてとても嬉しく感じます。