古くから女性の薄毛は髪の毛の循環が原因

古くから、女性の薄毛は、髪の毛の循環が原因のびまん性脱毛といわれていました。
だた、この頃では、女性も男性型脱毛症のAGAの蔓延が確認されているのです。
女性にも男性ホルモンが備わっていますが、更年期の後、女性ホルモンの量が減少して体の中のホルモンバランスが乱れ、その帰結で、女性もAGAになってしまうといわれています。
抜け毛は女性においては主要な問題です。
部屋の床を眺めたり、起きた時に枕カバーを確かめてみるとかなりの抜けた毛を見つけることがあります。
季節であげると、これから春というタイミングに、多く毛が抜けてしまうように感じます。
抜け毛が頭髪をすかすかにしてしまっているのが、とっても悲しい気分になります。
ひたいがM字にはげるのは、男性ホルモンの影響が要因だとされています。
そして、遺伝的な要因も大きいため、早めに様々な予防や対策を行っていく必要があるのです。
例えば、脂ものの食事を避け、栄養バランスの良い食事を摂って、日々のストレスを溜めず、規則正しく生活を行い、頭皮を不潔にせず、頭皮環境を整えると、予防への効果はいっそう高くなります。
女の人用の育毛剤にはたくさんの種類があります。
中でも、ここ最近、推されているのが、内服できる育毛剤です。
本来の育毛剤だと朝晩、頭皮に塗布するタイプが主ですが、それだとあまり効き目はなかったのです。
それに対して、内服する育毛剤は成分が頭皮の奥まで届くため、効果が強いのです。
柔らかく全くコシのない髪質なのに、育毛剤ポリピュアを使い始めてから2ヶ月で髪の毛の質が変化し、コシのある太い毛になって来ました。
どうせ遺伝だからと諦めていましたが、髪質が育毛剤で変えられるならこんなに薄くなる前に使いたかったです。
薄毛の悩みに対して答えが出そうなので、使い続けることにします。